« りぃたん お疲れ様でした | トップページ | デジブック 『りぃたん』第1章 »

りぃたん

 

りぃたんが亡くなってもう一週間だね

たった一人で逝かせてしまったことが可哀想で辛くって

いっぱい泣いたけれど

毎日りぃたんにいっぱい話をしてたら

ママ 気づきました

 

あの日

りぃたん ママの中にいたね

 

明け方 目が覚めて起き上がろうとしたら頭がクラクラして立ち上がれなかった

しばらくめまいのような状態が続きとても気持ちが重くて  

そして スーッと感覚が戻った

あんな感覚初めてだったから「何だったんだろう?」って思ったけれど

たぶん りぃたんだったんだね

 

パパを仕事に送り出した後に

りぃたんの異変に気付いた先生から電話をもらって

急いで病院に駆け付けたけれどぜんぜん間に合わなくて

 

 

今思えば あの時間だったのかもしれない

 

 

 

月曜日に院長先生と話をするために病院へ行った

原因が何だったのか明解な答えはもらえなかった

納得はしていない  でも

答えがわかってもりぃたんが戻ってくるわけじゃないから

 

~だったら 

~していれば

何度も何度も後悔ばかりで

 

 

 

でもね

すべてママの都合のいい思い込みかもしれないけれど

りぃたん 

やっぱり赤いソファの上にいるよね

ときどきふわって動くのを感じる

2011_06_30blog

 

 

*******************************

最初は『CURURU』でブログを始めたけれど やめてしまって

でも りぃたんの写真いっぱい載せようと思ってまた始めました

だから『せかんどえでぃしょん』です

 

ずっと長く続けたかったな

 

新しいりぃたんの写真が無いので更新はしないつもりです

しばらくは思いをTwitter や mixiに綴っていこうと思います

 

りぃたんを見に来てくださってありがとうございました

|

« りぃたん お疲れ様でした | トップページ | デジブック 『りぃたん』第1章 »

リブ」カテゴリの記事

コメント

りぃたん、最期はママさんの所にいたんですね。
なんだかホッとしました。
今も赤いソファの上で、ママさん達の事をニコニコ眺めてるかな。
私もコハナの前にいたヨーキー達が亡くなってから、
ずっと気配を感じていました。
「あ、今足下通ったな〜」とか「布団の上に乗ってるな」とか。。。
だからママさんの気のせいなんかじゃないと思います。
これからもずっとずっと一緒だと思います。

もう更新がないのはとっても×100寂しいです。
でも、ママさんが決めた事なら仕方ないですよね。。。
私はツイッターをやっていないのですが、ママさんのツイッターはどこで
見られるのですか?もし良かったら教えてください。

投稿: さつき | 2011年6月30日 (木) 21:03

cloverさつきさんへ
今までに感じたことのない不調でした。
本当のところは分からないけれど、せめて最期は1人寂しく逝ったとは思いたくないから、りぃたんだったと思いたいです。
姿は消えてしまったけれど、いっぱい愛してくれていたって思うから、きっとそばにいてくれていると思います。(そう思いたいです。)
 
twitterまだ全然つぶやいていないけれど…
http://twitter.com/#!/Livmamayu
アドレスです。

投稿: りぃママ | 2011年6月30日 (木) 23:22

コメありがとうございます。

私、りぃママさんのまりんちゃんのコメントを見て
自分の大人げなさに呆れていましたが、どうしても
「一言、言ってやりたい!」と思うほどカチンと来たコメントだったので・・・
今思えば恥ずかしい限りです。

私 結構打たれ強いので、自分の傷は栄養にするのですが
「弱い者?いじめは許せません」体質です。
特に言葉は一番の凶器だと思っています。

ここから本題に。
私も何人(頭)も見送っているので、りぃママさんのお気持ちは痛いほどわかるつもりです。

ママさんと同じ思いをした事もあります。
今でも部屋の隅にこの仔達は私を見守っている思いです。
特に感の強いクルトは、前代の仔と寝ていた私の部屋には
寝てくれないどころか、斜め上の天井をじっと見る始末(・_・)エッ....?

クルトを迎えて3年半、自分の部屋に寝ていないお馬鹿な親です。

どうお考えになるかわかりませんが
出産をさせたのは、もう年齢的にペットロスが恐かった事も本音です。
正直「人間のエゴ」と反省も充分しています。

でも授かった命、私の限りを尽くした愛情で育てようと思っています。
(呆れられちゃったかな?)

こんな私ですから、もし宜しければ更新されないブログですが遊びに来て下さい。

最後に、その時の最善を尽くした事に後悔をしたら
りぃちゃんがかえって心配しますよ(o^-^o)

な~んて、人の事を言えないほど泣いたわたしですけどね!
初めてで長くなりごめんなさい。

背中を「よしよし」したかった気持ちをお察しください。
涙がとまったら「エライッケネ!」ってぎゅッ!ってしてあげる(エアだけどね)

投稿: クルミュウ | 2011年7月14日 (木) 17:23

cloverクルミュウママさんへ
優しいコメントありがとうございます。
まだ皆さんから優しいコメントいただくたびにグシグシ泣いている始末です。
 
初めての我が家に来たことがりぃたんの運命だったのだと、そして、これはどうあがいても変えることはできない事だったのだと思います。
2年前に父を亡くした時も。
結局どうであっても満足できる最期などあり得ないのでしょうね。
   
7年弱の短い時間でしたが、私たち家族は本当に幸せだったから、りぃたんもきっと幸せだったと思います。その幸せな時間はいつかきっと最期の最悪な状況を帳消しにしてくれることを望んでいます。
   
クルミュウママさんがおっしゃる「人間のエゴ」私わかります。
実はワンコ嫌いのりぃたんにもう一ワンを考えていました。
仕事で家を空けることで寂しい思いをさせないためといっていましたが、本音はりぃたんに何かあった時に私が耐えられないと思ったことも事実なんです。
でも、エゴでいいと思います。
  
赤ちゃんを産ませることは本来自然なことです。
この前まりんちゃんが出産することをごちゃごちゃ言うのがいましたが、「小さいまりんちゃんが赤ちゃんを産んでなんで悪いのん!」と思っています。3ワンは残念でしたが、1ワンがまりんちゃんの命をつないでいくのですから素晴らしいことですよね。
   
実は一番初めのブログをやめてしまった理由はUnknownなんです。
初めてのワンコで、私の失態をネチネチいちゃもんつけてくるようになりました。それに反論したらますますひどくなって、コメント承認制にしたら、日に何件も言いたい放題で書いてきて(どんだけ暇やねんって思ったけど)、気分悪いのでやめてしまったんです。
私がまりん母さんと親しければガツンと言ってます。(はらわた煮えくり返ってますから)
まりんちゃん人気なのできっとうらやましいのでしょうね。

投稿: りぃママ | 2011年7月17日 (日) 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1155954/40608312

この記事へのトラックバック一覧です: りぃたん:

« りぃたん お疲れ様でした | トップページ | デジブック 『りぃたん』第1章 »